当院について

患者権利憲章 Patient rights charter

全ての患者様は人間としての尊厳を有しながら平等で最善の医療を受ける権利があります。博愛記念病院では、医療は患者様と医療提供者が互いの信頼関係に基づき、協働して作りあげていくものと考えております。
当院では「絶対に見捨てない医療を提供する」の基本理念のもとに「患者権利憲章」を制定し、患者様中心の医療の実践と、患者様の医療への主体的な参加を支援します。

患者権利憲章

  • 全ての患者様は、人種、国籍、宗教、疾病の種類、社会的地位などにより差別されることなく、適切な医療を安全かつ公平に受ける権利があります。
  • 一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  • 病状の説明、検査や治療の内容、今後の見通しについて、分かりやすい言葉で、納得できるまで十分な説明と情報提供を受け(インフォームドコンセント)、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  • 治療方法などについて自己決定するために、他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • 自分が受けている医療について知る権利を有し、診療記録の開示を求める権利があります。
  • 診療中に得られた個人情報が保護され、また、自分のプライバシーが他人にさらされず、乱されない権利があります。

患者様の義務

  • 良質な医療を実現するために、当院の医療提供者に対し、患者様の情報を正確に伝えてください。
  • 納得できる医療を受けるために、自分の病状や治療の内容について理解するように努めてください。分からないことがあれば繰り返し説明を受けてください。
  • お互いに快適な療養生活を送るために、定められた規則を守り、他の患者様の治療に支障を与えないように配慮してください。