部門紹介

呼吸リハビリテーション Breathing rehabilitation

呼吸リハビリテーションはなぜ必要なのか

疾病による息苦しさから、活動量が低下し、筋力が低下してしまうという悪循環が生じます。そういった患者さんにとっては、残された肺の機能や全身の筋力を使用し、呼吸困難を改善するためのリハビリテーションが重要です。
リハビリテーションや運動と聞くと、大変そうに思う方もいるかと思いますが、心配ありません。呼吸リハビリテーションでは、患者さんの症状にあわせた無理のないプログラムを行い、継続する事が大事とされています。

呼吸リハビリテーションの効果

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を中心に呼吸リハビリテーションには以下のような効果があるとされています。

  • COPDの息切れを軽減等
  • COPDの健康関連QOL(生活の質)を改善
  • 呼吸リハビリテーションはCOPD以外のいくつかの慢性呼吸器疾患においても効果的

このように、呼吸器疾患に対して、呼吸リハビリテーションは効果的であるといわれています。

呼吸リハビリテーションの期間と実施時間

期間
90日(約3ヶ月間)
実施時間
患者さんの症状やご希望によって医師とリハビリテーションスタッフが相談させていただきます
(基本リハビリテーション時間:40分間のトレーニングを週3回または60分のトレーニングを週2回)
上記はスタッフとのマンツーマンでのリハビリテーション時間です
実施日程
患者さんのご都合を確認した上で決定します

呼吸リハビリテーションの内容

当院における呼吸リハビリテーションは、呼吸ケアに経験のある理学療法士・作業療法士が実施します。最初に状態の評価・検査を行い、医師と相談の上で必要なプログラムを実施します。

プログラムの一例
  1. 呼吸トレーニング(腹式呼吸・口すぼめ呼吸・呼吸介助)
  2. 呼吸筋ストレッチ・リラクゼーション
  3. 呼吸体操
  4. 排痰法(体位排痰法・スクイージング)
  5. 筋力トレーニング(重りや自重を利用した上肢・下肢筋力増強運動)
  6. 歩行トレーニング(平地・坂道・階段)
  7. エルゴメーター(自転車)によるトレーニング
  8. 自主訓練や日常生活時の動作方法指導

呼吸リハビリテーションの費用

実施時間や保険の負担額により異なります。(健康保険適用 ※別途診察料等は必要です)
20分あたり1,750円と月に1回3,000円のリハビリテーション実施計画書料が必要です。

例1回40分を週3回で自己負担が1割の場合の月額
(3,500円[20分×2]× 3回[週3回]× 4週間 + 3,000円)× 0.1[1割]= 4,500円/月