入院

地域包括ケア病棟 Area Comprehensive care ward

地域包括ケア病棟とは

地域包括ケア病棟では、急性期病院からご紹介の患者さん、またご自宅や施設で肺炎や発熱で体調を崩された患者さんを受け入れ、医療・看護・リハビリテーションを積極的に行い在宅復帰を目指す病棟です。

在宅復帰をスムーズに行うために、医師・看護師・リハビリスタッフ・在宅復帰支援担当者等が協力して、効率的に患者さんのリハビリテーションや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。

病棟の特長

Post Acute
急性期病院での治療を終了した患者さんの受け入れを行っています。
在宅復帰へ不安の残る患者さんに対して、最長60日時間の毎日のリハビリテーションを行い、安心してご自宅や施設へ帰って頂ける様、スタッフ全員で支援します。
Sub Acute
在宅療養中の患者さんや施設入所者さんの状態急変があれば、24時間365日いつでも受け入れることができるように体制を整えています。
多職種連携・チーム医療
入院後は多職種で連携を図り、チーム医療のもとで治療やリハビリテーションに取り組んでいます。早期在宅復帰に向けてスタッフ全員で情報共有しADL・QOLの向上を目指します。
患者さんに個別対応した
リハビリテーション
入院初日より、病状が安定した患者さんに対して、歩行練習、トイレ動作、嚥下訓練等、患者さん個々にあったリハビリテーションを毎日実施しADLの向上を目指します。
退院後の看護師訪問
在宅や施設への退院後も、看護師が患者さんの元へ訪問し、状態を確認し不安等を聞き支援を行います。

病棟概要

病床数
51床
看護配置基準
10:1