入院

医療療養病棟 Medical care ward

医療療養病棟とは

継続的な医療および高度看護ケアが必要な患者さんを対象とした病棟です。医療の必要度が高く、自宅や施設での療養が困難な方が入院対象となります。医療療養病棟でも在宅復帰、あるいは施設への退院を目標としたリハビリテーションを提供します。
また、充実したサポート体制とNST(栄養サポートチーム)・ICT(感染対策チーム)など多職種によるチーム医療を実践しております。

病棟の特長

チーム医療
NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)等、多職種でのカンファレンスを実施し個々の患者さんに合った治療体制を整えています。
医療必要度の高い患者さんの受け入れ
急性期病院での治療を終え、引き続き医療が必要な患者さんを医療区分で判定し病院での療養を継続的に行っています。
的確なインフォームドコンセント
医師から病状やリハビリテーションの現状に関する説明を行い、同意を得たうえで治療方針を決定しています。
明るい療養環境
広々とした病室で患者さんが快適な生活が送れるよう環境を整えています。
退院支援
患者さんにとって、より在宅生活に近づいたケアを行い、在宅復帰を目指しています。
積極的なリハビリテーション
個別や集団リハビリテーションにて離床を促しADLの向上を目指しています。

病棟概要

病床数
40床
看護配置基準
20:1