入院

回復期リハビリテーション病棟 Convalescence rehabilitation ward

回復期リハビリテーション病棟では、1日のすべてがリハビリテーションにつながるような生活を提供し、早期の在宅復帰を目指しています。脳卒中リハビリテーションを中心とした多職種参画の医療を推進し、チームアプローチの実践を徹底。365日間、早朝から夜間まで、機能訓練に加え、ADLの改善、早期在宅復帰を目指した生活再建、「人間性の回復」のリハビリテーションを提供致します。

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟では、急性期病院で治療を終えたものの、すぐにご自宅へ復帰するには不安があり、引き続きの治療とリハビリテーションを必要とする方を対象に回復期リハビリテーションを行っています。

退院後にはグループ内のサービスまたは地域の診療所や施設との連携により、リハビリテーションの継続を推進し在宅生活を支援いたします。

病棟の特長

多職種によるチーム医療
主治医をはじめ様々な専門技術・知識をもった医療スタッフがチームを組み、在宅復帰に向けて入院時からサポートします。
安心した入院生活
患者さんの状態については主治医より随時説明を行っています。
入院時や定期に行っているカンファレンス以外でも必要時にはカンファレンスを開き職種間で情報を共有することで安心した入院生活を提供します。
積極的なリハビリテーション
患者さんの尊厳に関わる日常生活動作(ADL)訓練、HAL®やHONDA歩行アシストを使用した訓練等により患者さんが「自分らしく」生活していくために必要な動作の獲得に向けてリハビリテーションを行っています。
主な対象疾患
・脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷 ・高次脳機能障害 ・大腿骨、骨盤、脊椎、膝関節の骨折や、2肢以上の多発骨折の発症もしくは手術後 ・股関節又は膝関節の置換術後の状態 など
患者さんの状態により異なりますが、個別リハビリテーション実施時間は1日平均140分程度になります。
相談しやすい環境
病棟には社会福祉士・薬剤師等が専属でいるため、社会資源(福祉制度や施設等)の活用、退院先の情報、内服薬について等、すぐに相談していただけるような環境が整っています。

病棟概要

病床数
58床
看護配置基準
13:1
スタッフ
専従社会福祉士 1名